懲りたわ

一方通行の愛ですよ

iPadで仕事する場合にはシンクライアントみたいに使えないと無理じゃね?

iPad Air 2とロジクールのキーボードを使用一ヶ月で売却しました - さよなら自分
はてなブログのトップページ見ながら人様の記事を読みブログが書ける幸せ。

やっぱりファイルシステムに未だみんな(もちろん私含め)縛られているから無理ー。
特にファイル操作とかiPadというかiOSは縛られまくっているという印象。
ディレクトリの概念が内部的にはあることは勿論知ってますよ。
ちょっとジェイルブレイクした時に中身を知ったので理解している程度の知識(なので大いに間違っていると思う)で書くと

・共有ストレージ
写真フォルダは写真を使うよと宣言しているアプリ、音楽フォルダは音楽データ使うよと宣言しているアプリしかアクセス出来ない。セキュリティを考えたら正しい。itunesでやり取りできるのはこの領域じゃね?よくわからんけど。


・アプリ内ストレージ
アプリ内でしかアクセス出来ないフォルダ。というかiOS(というかMacとかデスクトップOS含め)はアプリといっても実態はフォルダで(いや、FinderとかOS側がわかりやすくするためにフォルダに見せかけているのかもしれないが)その中のフォルダにデータを収めるタイプ。アプリをバックアップするとデータも一緒に取れるのはこの仕組のおかげだと思う。

MacbookというかOS9以前とかXはその縛りがゆるくてアプリだろうが共有ストレージ領域にアクセスできるってだけの違いしかない気がする。だからこそFinderでコピーしたらそのままアプリが使えちゃったということが起きるんじゃない?

もうちょっと自由にシンクライアントとしてiPadが使えれば使いみちはあると思うけど、どーなんでしょうね。

そこまでやるんだったら、普通にMacbookなり貸与したほうがいいと思うけど。

広告を非表示にする