懲りたわ

東京から愛を込めない

アンサイクロペディアの卑怯なコウモリが酷い

卑怯なコウモリ - アンサイクロペディア

これは事前にブロント語について理解していないと全く理解できない。
当方ブロント語は聞けますが話せません。

仕事中にそういえば卑怯なコウモリって話あったよなぁ…と思い調べてみるとこれに「ふいうち」されてしまいダメージ倍点。

ある種このブロント語はニンジャスレイヤーに通じる日本語がおかしい、ゲシュタルト崩壊しかかる楽しさに繋がるものがあるんじゃないかなぁと思いますね。

誰かこのふたつをつなぐのではないかと思っていたら既につながっていた。

www.pixiv.net

ニンジャつながりですしね。汚いなさすがニンジャきたない。

珍妙な日本語が楽しいというのは元はといえば「2つで十分ですよ!」で有名な

ブレードランナー - Wikipediaであり、

ライジング・サン - Wikipediaであり

ブラック・レイン - Wikipediaであり

ロボコップ3 - Wikipediaのカネミツ・コーポレーションであり

Shadow Warrior - Wikipediaであり、

大刀 (ゲーム) - Wikipediaであり、

他にもいろいろ突っ込みどころ満載の日本が出てくるのは多いのですが

columbo.fact-web.com

コロンボにも出ますね。

 

逆に海外からみた珍妙な日本の例として「AYBABTU」があります。

外国人から見てAYBABTUが何が楽しいのかといえば

deztec.jp

これに詳しいですね。

ドラマのNG集を見る感覚と一緒なのかも。

カッコつけて出てきて「日本人は反省しる!」なんて言われた日にゃガクッと来ますよ。

99点の面白さなんだろうな…あと1点足らない理由が「選択問題1つ飛ばしてた」とかもう笑うしかねぇわみたいな。

広告を非表示にする