読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

懲りたわ

東京から愛を込めない

Office365を導入すべきではない理由いくつか

Office365がアホみたいに使いにくい。
これ上長がそうしたいという理由で導入したんだけど来年には辞めたいですね。

1.そもそもGoogle Appsとくらべてアクセス速度がアホみたいに遅い

アクセス速度?なんのこっちゃ?とお思いの方へ。
Outlook Web Accessや管理画面などすべての画面遷移が遅すぎます。
基本5秒~遅いと1分以上かかります。
Google Appsとの差別化で日本国内にサーバあるので安全じゃ!ということで売り込まれているっぽいですが恩恵が皆無です。

2.設定の反映が遅い
設定の反映が遅すぎます。
そもそもExchangeみたいな愚鈍なレスポンスを返すサーバを無理やりクラウド化しただけなので、設定して画面上には反映されましたということが表示されているにもかかわらず、実際にクライアント側に反映されるのが数分後とかいつものクソWindowsサーバと同じ謎の待ち時間があります。

例とするとユーザ作成して配布グループ(メーリングリストのこと)にメンバー追加して反映されるまで1分以上かかります。

こんなレスポンスの遅いサーバにお金を落とすことはありません。Google Appsなら瞬時に反映されます。

3.何かにつけてPowerShellの作業を要求される

コマンドそのものがCOBOLSQL並に冗長なクソだと思っているPowerShellでの作業を要求されます。

おまけに起動の遅いPowerShell ISEがないとまともに管理できません。
しかも接続のたびに

# Office365に接続 必須
$credential = Get-Credential
Import-Module MsOnline
Connect-MsolService -Credential $credential

# Exchange Onlineに接続 状況に応じて必須
$exchangeSession = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri "https://outlook.office365.com/powershell-liveid/" -Credential $credential -Authentication "Basic" -AllowRedirection
Import-PSSession $exchangeSession -DisableNameChecking

こんなクソ長いコマンドを要求されます。アホか。
これはただの接続のためのコマンドなのでここからユーザ追加削除などを行うのですが、PowerShellありきです。なんでOffice365のメールボックスが英語表記がデフォなのか、削除したユーザがゴミ箱にいるのにWebの管理画面からは見えず完全削除にはPowerShellが必要なのか、PowerShellのようなubuntu on PowerShellをしたがる変態野郎ぐらいにしか使いみちのない死にスキルの1つを覚えるのに時間をかける必要があるのか。

Google Appsならシステナが提供しているAdministration Console for Google Appsなら

  1.初回のみOAuth

  2.ADBのような直感的でわかりやすいコマンドレット群をつかって操作
という作業のみで管理できるので、一括処理が非常に楽です。

4.Office365でできることは全部Google Appsでできるよねって話

そもそもこんだけ遅いサーバを利用するからにはOffice365じゃなきゃできないことがあるよねって話なんでしょうが、残念でした!殆どの作業はすべてGoogle Appsでできる上にレスポンスも数段上です。

情報が抜き取られる?お前らがいつもデフォルト設定のままスマホ使ってるくせに何クソみたいなこと行ってんの?手遅れだよ。

というわけでOffice365はさっさとサービス終了するべきだと思います。

広告を非表示にする