読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

懲りたわ

東京から愛を込めない

THE SPA 西新井がリニューアルしましたっていうんで行ってみました。

スーパー銭湯

リニューアルしました!! | THE SPA 西新井

最近肩凝りすぎてスーパー銭湯を週1で行かないと死んでしまいそうに肩・クビが痛いんですが、

ryusenjinoyu.com竜泉寺の湯が一番多く、

:::千葉県松戸市のスーパー銭湯 笑がおの湯松戸矢切店(京成グループ):::

笑がおの湯松戸が2番め、

THE SPA 西新井はあまり行っていませんでした。

理由

1. 高い。

これ以上ない理由です。

竜泉寺の湯:常時750円、タオルセット:300円(バスタオルは返却、ハンドタオルのみ持ち帰り可)

笑がおの湯松戸:土日800円、タオルセット:250円(バスタオル、ハンドタオルともに返却)

THE SPA 西新井:土日1130円(会員価格、会員は年205円)、タオルセット200円(バスタオル、レンタルタオルともに返却)

タオルは持って行くのでお金がかからないとなおのこと基本料金の差が響きます。

2. 大して広くない

西新井のど真ん中なのでしょーがないというのもあるんですが、広さ順で言うと

竜泉寺の湯>笑がおの湯松戸>THE SPA 西新井の順です。

高いのに狭いのか!というのもある。

3. 江戸っ子温度すぎワロタ

温度が高すぎんよー

竜泉寺の湯:38度

笑がおの湯松戸:38~42度

THE SPA 西新井:40~42度

残念ながら高温は粋と思わない人というか首痛いんでゆっくり浸かりたいんですが温度高いと生焼けの魚みたいにじっとはしていられないので辛いです…表面だけ熱くて芯が冷たいみたいな。

というわけでもとの話題に戻る

リニューアルも何も場所がないじゃんあそこ…
拡張しているとしたら2つ、

1. セントラルスポーツのスタジオの領域を改装して侵食した

2. 4Fにあった既存のマッサージ店を1つ以上潰した

のどちらか。まあ常識的に考えて2だろと思ったらそうだったんですが。

じゃあいいところ何もないのかよ!と言うと違う

そんなディスられまくりの西新井にもいいことはあったのです。それは…

飯がうまいこと。

レストランが併設されているのですが、こいつがよろしい。

スーパー銭湯のレストラン部門で優勝したんだか上位ランカーだったんだか忘れましたが、たしかに美味しかったです。

そして、休憩のためのスペースが非常にゆったりしていること。

しかもサンゴオンドルルームという岩盤浴のような部屋が無料で使えること

この3つは

竜泉寺の湯では吹き抜けのど真ん中に畳のエリアがあって寝ていると晒し者になって落ち着かなかったり

・笑がおの湯松戸のように寝転がれる座敷がそもそも小さい

ということを考えると風呂上がりに長居できるアドバンテージは他の2店舗より大きいです。

というわけで調査のために朝風呂じゃ!

中の確認だけの調査だけなら朝風呂で十分じゃね?と思い、朝風呂に行ってみました。

540円です。

6:30から9:00までしかはいれませんが。

(また竜泉寺の湯ageで好きじゃないんですが、竜泉寺の湯は朝風呂の時間帯に入ると朝風呂料金680円のまま店内を利用できます。THE SPA 西新井は完全入れ替え。)

風呂はあんまり変わってなかったけどグレードが高い気がする

風呂自体はあまりかわっていませんでしたが、他の店舗に比べてシャワーの出が非常によろしいです。銭湯行ったのにシャワーの出が悪くてイライラする増尾の健美の湯みたいなことにはならず。あとジェットバスは全然勢いが違います。んぁああ仰らないで。ジェットバスなんてそんな長居しない、そう仰りたいのでしょう。でも違います。ジェットの力でデブが浮くくらいの強力さなので、マッサージ機でも入れたかのような力強さです。

中国アモイ式セラピーの店がなくなっていた

タイ式、足つぼは残っていたのですが、リラックススペース増床のために消えたのか、もしくは売上がないので消してリクライニングスペースにしてしまったのかは不明ですがそういうことです。

椅子のレイアウトが若干変わっていた

椅子の数が増えた気がします。リクライニングのだけではなく。

(どうでもいいが)出入り口が逆になっていた

今までは

f:id:DzyyVO46:20170430143400j:plain

これが入り口で、出口は会計後にもらえるバーコードを読み込ませる出口だったんですが、真逆になりました。こんなの実際に行った人しかわからないのでどうでもいいことなんですが、俺の目の前のおばちゃんが間違えていて俺も間違えそうになりました。
「しばらく来ていなかったら違っていた」というおばちゃんの言がよくわかります。

 

というわけで朝なので料理までは見れませんでした(11時開店じゃなかったっけ)
久しぶりに行ってみるとやっぱり値段相応のサービスは提供しているけど、気軽感はないなぁということですな。

・470円という東京都銭湯組合が設定していると思しき価格

・1000円以下の宿泊不可のスーパー銭湯

・2000円超えの宿泊可能なスーパー銭湯

などなど出した価格によって出るサービスが違うのがスーパー銭湯なので、皆様も体がなまってきたらお試しください。

 

広告を非表示にする